大紀元時報

アラスカ半島でM8.2の地震、グアムに津波の恐れなし

2021年7月29日 20時56分

[29日 ロイター] - 米地質調査所(USGS)によると、アラスカ半島でマグニチュード(M)8.2の地震が28日遅くに発生した。

震源の深さは35キロ。地震は現地時間午後10時15分(日本時間29日午後3時15分)に発生した。

太平洋津波警報センターは、ハワイ州と米領グアムに津波警報を出した。その後、グアムや北マリアナ諸島に津波の恐れはないとした。

震源地は、アラスカ州の最大都市アンカレッジの西南約800キロメートルにあるペリービルの東南東91キロ。

USGSによると、7回の余震が発生し、そのうち2回はマグニチュード6.0以上だった。

^