大紀元時報

英政府、データ巡るパートナーシップ構築へ 米豪韓などと

2021年8月26日 18時26分
8月26日、英政府は、欧州連合(EU)からの離脱(ブレグジット)を受けて障壁を取り除き貿易を促進するため、米国、豪州、韓国といった国々との間でデータを巡るパートナーシップの構築を目指すと表明した。写真は英国のダウデン・デジタル相。ロンドンで7月14日撮影(2021年 ロイター/Peter Nicholls)
8月26日、英政府は、欧州連合(EU)からの離脱(ブレグジット)を受けて障壁を取り除き貿易を促進するため、米国、豪州、韓国といった国々との間でデータを巡るパートナーシップの構築を目指すと表明した。写真は英国のダウデン・デジタル相。ロンドンで7月14日撮影(2021年 ロイター/Peter Nicholls)

[ロンドン 26日 ロイター] - 英政府は26日、欧州連合(EU)からの離脱(ブレグジット)を受けて障壁を取り除き貿易を促進するため、米国、豪州、韓国といった国々との間でデータを巡るパートナーシップの構築を目指すと表明した。

デジタル省は発表文で、データ十分性(data adequacy)パートナーシップは、事業を行う際に個人情報を国境を越えて共有するために、コストがかかるコンプライアンス(法令順守)措置を実行する必要がなくなることを意味すると説明した。

ダウデン・デジタル相は「官僚主義的確認手続きではなく、常識に基づくことができるようにするため、われわれ自らのデータ法を改革することを意味する」と指摘。「そして、データが後押しする成長とイノベーションという新しい時代を追求するため、『情報コミッショナー事務局(ICO、英個人情報規制当局)』が主導権を握ることを意味する」と述べた。

また、ニュージーランドのプライバシーコミッショナー、ジョン・エドワーズ氏も英国の次期情報コミッショナーとして英政府の優先候補に指名された。

^