2021年9月30日、親中派系華僑はボストン市庁舎前で中国国旗の掲揚式を行っていた最中、装置が故障し、国旗がポールの真ん中に引っかかり、弔意を示す「半旗」となった(劉景燁/大紀元)

共産党政権72周年 米ボストン市で中国国旗掲揚式 故障で「弔旗」に 

10月1日の共産党政権樹立72周年を控え、親中派系華僑の団体は9月30日、ボストン市庁舎前で中国国旗の掲揚式を行っていたところ、装置の故障で国旗が旗竿の真ん中に引っかかり、弔意を示す「半旗」になった。

国旗掲揚が失敗したため、予定していた講演は急遽中止された。

半旗となったボストン市庁舎前での中国国旗の掲揚式=2021年9月30日(劉景燁/大紀元)

旗竿の前には数十人の抗議者が集まった。デモ隊はメガホンを使って、「国民の血で染まった中国共産党の旗を撤去せよ」「中国共産党は米国から出て行け」「フリー香港!フリーチベット!」などと訴えた。現場にいた親中派のメンバーは大声で怒り返した。

デモ参加者の元米軍歩兵のデビッド・ベラートさんは大紀元に、「私は近所に住んでいる。市役所は私の裏庭のようなもので、中国共産党がここで旗を掲げることに反対だ」と語った。国旗掲揚が失敗に終わったことは「神の意志」だと言った。

「中国共産党は、賄賂と浸透によって我々を転覆させようとしている。政府は抵抗せず、共産党の浸透にドアを開けている」と指摘した。

市民団体「香港・マカオ友の会(ボストン)」の謝中志会長は大紀元に対し、「私は毎年、ここに来て抗議している。中国共産党は非人道的で、マフィアや凶悪犯のような犯罪組織である。アメリカは中国共産党を拒絶すべきである」と述べた。謝会長も、国旗半旗で掲揚されたのは「天の意志」であると話した。

抗議活動に参加していた中国系女性は、「ボストン政府は毎年、中国共産党の旗を掲げていて、地元でも物議を醸している。メディアや住民がその様子を動画でインターネットにアップしたことで、多くの団体がデモや抗議活動を行った。ここで中国共産党の旗を掲げることは、アメリカ国民の意思に反しているので、声を上げなければならないと思い、今日はここに来た」と語った。

(翻訳編集・王君宜)