落語家・柳家小三治(やまぎや・こさんじ、本名=郡山剛蔵)さんが心不全のため、7日午後8時に死去した。81歳だった。(Photo by PHILIP FONG/AFP via Getty Images)

落語界3人目の人間国宝 柳家小三治さん急死 

古典落語で人気を集めた人間国宝落語家・柳家小三治(やまぎや・こさんじ、本名=郡山剛蔵)さんが心不全のため、7日午後8時に逝去した。81歳だった。故人の意向により、密葬を済ませたという。落語協会が10日に発表した。

柳家小三治さんはリウマチや糖尿病の持病があり、17年に頸椎の手術を受けたという。今年3月、腎功能障害などで3週間入院したが、今年5月に高座に復帰した。

柳家小三治さんは今月2日、東京・府中の森芸術劇場で「猫の皿」を口演し、最後の高座となった。10年から落語協会会長に就任し、若手の落語家の育成にも力を注いだとともに、年功序列となった昇進基準を変えた。14年、落語界3人目の人間国宝に選ばれた。

(蘇文悦)