北朝鮮は状況悪化させる行動控えるべき、米安保担当高官が強調

[ワシントン 12日 ロイター] - サリバン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は韓国大統領府の徐薫(ソ・フン)国家安保室長との会談で、北朝鮮は状況をエスカレートさせるような行動を控えるべきと強調した。ホワイトハウスが12日、声明を発表した。

サリバン氏はまた、南北の対話と協力に向けた米国の支援を再確認した。