英与党議員が刺され死亡、25歳男を逮捕 テロ事件として捜査

2021/10/16
更新: 2021/10/16

[リー・オン・シー(英イングランド) 15日 ロイター] – 英イングランド南東部リー・オン・シーで15日、教会で開かれていた地元有権者との集会に出席していた与党・保守党のデービッド・アメス下院議員(69)が刺され、死亡した。警察は現場で25歳の男を逮捕。単独犯だったとしている。動機は現時点で分かっていないが、警察はテロ事件として捜査している。

現場はロンドンの東方にあるリー・オン・シーのベルフェアズ・メソジスト教会。事件は正午頃に発生した。アメス議員は複数回刺されており、警察によると現場で死亡が確認された。

スカイニュースは、逮捕された男は英国籍を持つソマリア出身者だった可能性があると報道。デイリー・テレグラフ紙も、逮捕された男はソマリア人の可能性があると報じている。

アメス議員は毎月第1、第3金曜日に有権者との集会を開いていた。

事件を受け、ジョンソン首相は会合に出席するために訪問していたイングランド西部のブリストルから急遽ロンドンに戻った。事件を受け、全ての政府の建物に半旗が掲げられる。

英国の政治家は、今回の事件は民主主義に対する攻撃だと非難。米国のブリンケン国務長官も「選挙で選ばれた議員に対する攻撃は、民主主義に対する攻撃だ」とし、哀悼の意を示した。

アメス氏は1983年に初当選。議員としての貢献が認められ、2015年にエリザベス女王からナイトの称号が贈られた。

英国では10年に労働党のスティーブン・ティムズ議員が刺される事件が起きたほか、16年には労働党のジョー・コックス議員が殺害されている。

この記事で述べられている見解は著者の意見であり、必ずしも大紀元の見解を反映するものではありません。
Reuters
関連特集: オピニオン