2021年10月21日、北京市朝陽区警察当局はピアニストの李雲迪氏を買春容疑で逮捕したと発表(微博よりスクリーンショット)

中国当局、著名ピアニストを買春容疑で逮捕 芸能界への逆風強まる

北京市警察は21日、買春の容疑で著名ピアニスト李雲迪(ユンディ・リ)氏(39)を逮捕したと発表した。中国当局の官製メディアは相次いで李容疑者を批判した。芸能界への取り締まり強化の一環とみられる。

北京市朝陽区公安局(警察当局)は21日夜、SNS微博(ウェイボー)で、「朝陽区の住民の通報を受け」、李容疑者逮捕を発表した。

李容疑者は2000年、中国文化部(省)の指名を受けて、第14回ショパン国際ピアノコンクールに出場し、最年少で優勝した。同氏は国内外で数々のコンクールで受賞し、2015年の第17回ショパン国際ピアノコンクールでは、最年少の審査員を務めた。

警察当局の発表を受けて、中国共産党機関紙・人民日報と政府系メディア「中国新聞網」は微博上で、現在、バラエティー番組に出演している李雲迪氏は「金儲けをしながら、違法行為を繰り返している」と一斉に批判した。

中国音楽家協会は同日夜、同容疑者の会員資格を剥奪したと発表した。今後、音楽活動が困難になるとみられる。

同氏の演奏動画は現在、すべての音楽サイトから削除された。

中国の習近平政権はこのほど、「共同富裕」を打ち出し、貧富の差の是正に取り組んでいる。

8月、中国当局は中国系カナダ人俳優、呉亦凡氏を女性に対する性的暴行の疑いで逮捕した。その後、人気女優を巨額脱税容疑で相次ぎ摘発するなど、高収入を得ている芸能界への取り締まりを強化している。

(翻訳編集・張哲)