トーマス・ローデン氏は、コペンハーゲンの中国大使館前に選挙ポスターを取り付けた(同氏ツイッター)

中国大使館、選挙候補者の「反中ポスター」撤去 デンマーク外相「憂慮すべき事態」

デンマークの地方選挙候補者であるトーマス・ローデン氏は24日、同国首都コペンハーゲンの中国大使館前に、チベット独立を象徴する「チベットの旗」を印刷している自身の選挙ポスターを貼り付けたが、同大使館によって撤去された。デンマークのイエッペ・コフォズ外相は、同大使館の対応を「憂慮すべき事態」だと表明した。

ローデン氏のツイッターによると同日、10枚のポスターを貼り付けたが、数時間後に中国大使館によって撤去されたという。同氏は26日に再度、大使館前にポスターを掲示した。

中国大使館は27日に発表した声明で、同ポスターを「反中ポスター」とし、同氏の行動について「中国の内政への干渉」「チベットを中国から分裂させる意図がある」などと非難した。

同大使館の行為は、デンマーク市民の「言論の自由への侵害」、またデンマーク地方選挙への「内政干渉」だと非難する声が多く上がっている。

これを受け、同国のイエッペ・コフォズ外相は声明を出し、ポスターの撤去に懸念を示した。警察の捜査を待ってから対応を検討するとした。

同国自由党のMichael Aastrup Jensen議員も、自身のツイッターを更新し、「これは全く前代未聞の行為だ」とし、「外務省が中国大使を召喚して民主主義の学習をさせることを望む」と批判した。

ローデン氏は中国に批判的な立場をとっていることで知られている議員だ。中国の人権乱用を注視する団体「デンマーク中国批評協会」の会員でもある同氏は2020年末、友人と協力して、香港の反体制派活動家を現地から脱出させることに成功した。

(翻訳編集・李凌)