2009年新疆ウイグル自治区ウルムチで買い物をする女性と、背後には銃器を構えて立つ中国軍兵士(PETER PARKS/AFP/Getty Images)

米ホロコースト博物館、ウイグル人の状況を強く憂慮「中国共産党によるジェノサイドの可能性」

米国ホロコースト記念館(USHMM)は11月9日、中国共産党(中共)が新疆ウイグル自治区でウイグル族などイスラム教徒の少数民族に対して行っている行為は、ジェノサイド大量虐殺)に相当する可能性があると発表した。

USHMMのサイモン・スキョード虐殺防止センターは、9日に発表した報告書「“To Make Us Slowly Disappear ”The Chinese Government’s Assault on the Uyghurs(仮邦題:徐々に消されていく 中国政府によるウイグル人への暴行」の中で、同自治区の収容所では強制不妊手術、性的暴力、奴隷化、拷問、強制移転など、中共によるウイグル人への虐待行為が行われていると、勾留を経験した人々の証言を記録している。

ユダヤ人迫害の歴史のほか、世界で現在進行中のジェノサイドにも注視しているUSHMMは昨年3月、中共がウイグル人に対して「迫害と監禁という人道に反する罪を犯した」とみなせる合理的な根拠があると指摘していた。これらの広範な収容制度のもとで、100万人から300万人のウイグル人ら少数民族が拘束されていると推定される。

報告書発表に際して、USHMM良心委員会のトム・バーンスタイン委員長は、中国政府が弾圧をめぐる情報の隠蔽を図ってきたと指摘。独立した国際監視員による中国調査を実行して「犯罪の停止を確認できるようにしなければならない」と述べた。

いっぽう、中国当局は一貫してウイグル人への弾圧を否定している。大量の拘束や厳しい監視と締め付けは「国内テロ、宗教的過激主義、分離主義を取り締まるための施策」だとその正当性を主張している。

サイモン・スキョード虐殺防止センターの所長であるナオミ・キコラー氏は、中国政府の弾圧は「ウイグル人と家族、コミュニティに、肉体的にも精神的にも深い傷跡を残している。これらの残虐行為によるトラウマは何世代にもわたってウイグル人に悪影響を及ぼすだろう」と述べた。

報告書に引用された一例では、ウイグル人女性が2018年3月に新疆で拘束されている間に暴行を受けたと語った。女性は、鉄棒や電気棒を使った強制的な性行や、輪姦もあったと明らかにした。 「とてもはっきりと覚えている」「泣くこともできず、死ぬこともできない...私の魂と心は死んでしまった」と女性は語っている。

世界では米国ほか、英国、カナダ、リトアニアなどで、新疆ウイグル自治区ではウイグル人対するジェノサイド大量虐殺)相当の迫害が行われているとの政府認定や議会動議が可決している。またEUは、ウイグル人権弾圧を理由に中国高官の制裁を採択した。

キコラー氏は今回の報告書をウイグル弾圧停止に繋げるための「国際社会への警告」とし、中国共産党への圧力を加速させるべきだと述べた。