バイデン米大統領「ロシアの孤立を露呈させた」 露非難決議めぐり声明発表

2022/03/03
更新: 2022/03/03
コメント

バイデン米大統領は2日、国連総会が採択したウクライナに軍事侵攻したロシアへの非難決議について「世界の怒りの大きさと前例のない世界の結束を示すものだ」と声明を発表した。ロシアは国際的な人道危機の責任を負っていると述べ、「言い訳は許されない」と強い言葉で非難した。

決議はロシア軍の完全撤退やウクライナ東部の親露派支配地域の独立承認の撤回を求めた。日本や欧米を含む141カ国が賛成し、ロシアや北朝鮮など5カ国が反対した。中国やインドなど35カ国が棄権した。バイデン氏は「ロシアに立ち向かわなければさらなる混乱と侵略を世界にもたらすと各国は認識している」と述べた。賛成多数の採択について「ロシアの孤立を露呈させた」と強調した。

安全保障理事会の要請で40年ぶりに開かれた緊急特別会合は、ロシアのみならず「容認できない形でこの戦争に関与したベラルーシに責任を問うものでもある」と付け加えた。特別会合は「国際平和への脅威、破壊、侵略行為」とみなす事案の発生にも関わらず、安保理常任理事国5大国の拒否権の行使によって機能しない場合に開かれる。

バイデン氏はロシア側の「嘘」を世界は見抜いているとし、「壊滅的な人権侵害と国際的な人道危機の責任を負っているロシアは非難されるべきだ」と記した。「我々はともにロシアの行動に対する責任を追及しなければならない。自由は常に専制政治に勝利すると証明する」と述べた。

山中蓮夏