防疫スタッフによる暴行事件動画、ネットで相次ぎ流出=上海

2022/04/06
更新: 2022/04/07
コメント

中共ウイルス(新型コロナ)の感染が拡大し、都市封鎖を実施している上海では、防護服姿のスタッフが市民を集団暴行したり、殴る蹴るの暴力を加えたりしている動画がインターネットで相次ぎ投稿され、物議を醸している。

ある動画では、8人の検疫担当者が男性を追いかけ、殴りつけている。 別の映像では、防疫担当者が1人の男性を地面に倒し、頭部などを蹴ったり踏みつけたりする様子が映し出されている。

大紀元時報の記者は所轄の公安局に電話し、一連の暴力事件を問い合わせしたが、「このようなネガティブなことを報道して何の意義があるのか」などと返され、コメントは得られなかった。

動画を転載したユーザーによると、公安局から投稿の取下げを求める電話があった。 同ユーザーが録音した会話の中で、公安当局者は暴力事件の存在を認めたが、警察がやったかどうかについて、答えられないと話した。

上海市民の1人は大紀元時報の取材に対し、加害者は武装警察、または軍人だと推測した。「一撃で素早く男性を倒した。訓練を受けたプロであろう」

 

翻訳編集・叶子静