香港で刃物男が親中派議員を襲撃、抗議活動なお続く

2019年11月06日 17時42分

[香港 6日 ロイター] - 香港で6日、反政府デモを批判してきた親中派議員がナイフを持った男に襲撃される事件があった。警察が明らかにした。

襲撃を受けた何君堯(ユニウス・ホウ)議員と助手は負傷しており、病院に運ばれた。襲撃犯とみられる男も病院に連行されたという。

襲撃犯の動機は不明。ホウ議員は7月に、平和的な抗議活動を行っていたデモ隊を襲った犯罪組織「三合会」のメンバーとされる人物らと握手し、談笑している様子が動画に撮影されたことから、反政府デモ隊の間で悪評が広がった。

市民活動家などによると、香港の複数の大学では6日もデモが計画されている。前日に行われたデモ行進では、警察が放水銃を用いてデモ隊を退散させた。

^