フォトニュース

写真で世界を振り返る 12月28日から1月3日まで

2016/01/07 23:23
1月3日、香港教育界の20団体約3000人が香港総督府の入る建物の近くで、梁振英・行政長官に近い人物が香港大学校務委員会主席に任命されたことに抗議するため、デモ行進した。写真は「大学に党書記はいらない」プラカードを挙げているデモ参加者。 (蔡雯文/大紀元)
1月3日、中国深圳気象局が全市に大気汚染の黄色警報を発令した。視界は500メートル以下に下がり、ランドマークの高層ビルが空中に消えてしまった。(大紀元資料室)
12月28日,韓国ソウルで、日本の岸田文雄外務大臣と韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官は、慰安婦問題が「最終的かつ不可逆的に解決」との日韓合意を発表した。これを受けて安倍首相は「心からおわびと反省の気持ちを表明する」「日韓関係は未来志向の新時代になる」と官邸でメディアに述べた。 (Kim Min-Hee Pool/Getty Images)
1月2日、イラン・テヘラン、イスラム教シーア派の指導者の死刑を執行したことに反発したデモ隊が、サウジアラビア大使館を襲撃して火をつけた。これを受けて、サウジアラビアは3日、「イランとの外交関係を断絶する」と発表した。 (MOHAMMADREZA NADIMI/AFP)
12月29日、イラク当局は、西部アンバル州の州都ラマディを約7カ月ぶりに過激派組織ISから奪還したと宣言。アバディ首相は「2016年はISに対する最終勝利の年にする」と述べ、国内から駆逐する考えを強調した。写真は、勝利のVサインをしているイラク精鋭反テロ部隊の隊員。 (AHMAD AL-RUBAYE/AFP)
12月29日、パキスタン北西部マルダンの政府関連施設で、自爆テロとみられる爆発があり、少なくとも26人が死亡、45人がけがをした。今回のテロ襲撃は、ペシャワールの学校襲撃以来、最も重大な暴力事件となる。 (A MAJEED/AFP/Getty Images)

新年へカウントダウン

12月31日、毎年恒例の台北101カウントダウン花火大会。今年のテーマは「Nature Is Future」。約240秒間で3万発を打ち上げ、カウントダウン花火大会以来、最も長いパフォーマンスとなった。(陳柏州/大紀元)
12月31日、オーストラリア・シドニー、南半球にあるシドニーは真夏で年越し、その盛大な花火大会が世界的に有名だ。 (SAEED KHAN/AFP/Getty Images)
1月1日、ドイツ・ベルリン、毎年恒例のブランデンブルグ門のカウントダウン花火。写真は花火を背景に、門の上部にある4頭立ての馬車に乗った勝利の女神「ヴィクトリア」。(Adam Berry/Getty Images)
関連記事
注目記事
^