終焉の共産主義

衝撃の現代史 20世紀で犠牲者最多の殺人とは?

2017年04月09日 06時00分

 ガンからコレラなどの病気、地震や津波などの自然災害まで、20世紀に多くの人々を死亡させた出来事は何だろうか?

 世界で一億人もの命が失われた、共産主義である。大紀元は、共産主義運動の歴史にスポットをあてる。「財産共有」「ユートピア(理想郷)」「一律均等」など、うわべを飾る言葉を掲げるが、この思想は世界で独裁と殺りくの地獄絵図を描いてきた。

1933年のソビエト政権下のウクライナ。人工的に作り出された飢餓により、路上で飢え死にする人々
(memorial exhibition, Widener Library, Harvard University. Cambridge)

他を排斥し独裁体制をつくる共産主義

 共産主義は、他の考えを「殺害」するように否定し、魂や神仏、心など目に見えないものを否定し、共産主義を否定する者を厳しく罰する。

 『共産主義宣言』を打ち出したカール・マルクスは、「地球上のユートピア」を約束した。 すべての人は革命を通じて支配階級を覆すことができ、伝統的価値を放棄して、一律に「平等」を手にするというものだ。

 この「楽園への道のり」の名のもとに、共産主義の指導者たちは、法的支配を無効化し、市民に財産所有権を放棄させた。新しい社会秩序は、血塗られた「赤」と呼ばれる。

 アドルフ・ヒトラーによるナチス政権は、恐怖政治の代名詞であるように伝えられているが、ソ連と中国の共産主義革命による死傷者の数は、ヒトラーの大量虐殺をはるかに上回る。

 なぜなら、ヒトラーがユダヤ人を標的にしているのに対して、共産主義者は社会全体の職位を対象としており、その母数は幅広いからだ。

 革命家は血を好む。マルクス・レーニン主義は、革命的思想が浸透するまで、殺りくの波が起こると説いている。事実、死は「革命の成功」に必要だと共産主義は主張する。

1989年の民主運動「64天安門事件」は、丸腰の市民が軍事力でもって鎮圧された(公開資料)

ナチ被害を圧倒 共産主義による死者は1億人

関連特集

^