米中首脳会談、習近平氏「共通認識に達した」と強調

2017/04/09 20:43

 中国習近平国家主席と米トランプ大統領による米中首脳会談は7日、米フロリダ州で2日間の日程で終えた。

 同首脳会談では、両首脳の間では米中貿易不均衡是正のために「貿易100日計画」を策定すると合意したが、その他の対北朝鮮問題などでは具体的な合意がなかった。しかし、両首脳は初めての会談を通じて、互いに諸問題をめぐる理解を深めることができ、習近平国家主席が米中関係のぎくしゃくを避けるとの目的を実現できたようだ。

 香港の親中メディア「明報」(9日付)は社説において、トランプ大統領と個人的に良好な関係を築くことで、米中関係を安定させるとの目的を果たした習近平氏は、今年秋に開催される中国共産党第19回全国代表大会(19大)でより一層核心的地位を得ることができ、党内最高指導部人事の選定で主導権を掌握していくとの見解を示した。

 トランプ大統領は7日同会談の終わりに、米中関係は「大きな進展があった」と述べ、習近平国家主席とは「傑出した」個人関係を築けたとも話した。

 それに対して、習国家主席は今回の首脳会談は「他に類を見ない重要な意義があった」「多くの共通認識に達した。最も重要なのは友情を深め、信頼関係を築けた」と温かく応じた。

 また、米レックス・ティラーソン国務長官によると、注目された北朝鮮の核脅威をめぐって中国側は「非常に深刻な段階に達した」との認識を示し、「平和的な」方法で解決していく姿勢を示した。

 米VOA(9日付)によると、習近平国家主席が米国時間7日夜、帰国の途中で立ち寄った米アラスカ州で、ビル・ウォーカー州知事と会見した。習国家主席は会見の際、米中首脳会談についてトランプ大統領とは「多くの共通認識に達し、積極的な成果をあげた」と再びアピールした。

(翻訳編集・張哲)

関連特集

編集部からのおすすめ
関連記事
^