インタビュー

反骨のルポライター・杜斌氏(下)南京大虐殺よりひどい事件を暴露

2017年05月15日 07時00分

 1999年まで国営メディアのカメラマンとして働いたが、その後人権派活動家の活動に注目し、共産党政権の抱える問題に鋭く切り込む数々の本を海外で出版した杜斌氏。現在は北京に住み、フリーライター、作家、ドキュメンタリー制作者など数々の顔を持つ。

 共産党政権からは「政府のあら捜しをする輩」と危険視されている。政府関連部門の圧力によりニューヨークタイムズの契約カメラマンの仕事をやめさせられたあと、不当に拘束されるという体験もしたが、本人は「私は自分のしていることに価値を見出している」と語る。新たに出版した『長春餓殍戦(長春飢餓戦争、邦訳無し)』では、共産党の歴史におけるもう一つのタブーに迫っている。

共産党政権に不都合な報道を行ったため拘束

 記者 共産党政権に不都合な報道を行ったために拘束されたと聞きましたが?

 杜斌 そうです。2013年の6月4日の直前に国内安全保衛支隊(国保)から拘束され、4つの罪状疑いがあると告げられました。1つはデマを流して公共の秩序を乱したこと、2つ目は違法出版物の印刷、3つ目は他人やその所有物に危害や損害を与えたこと、4つ目は公共の場所の秩序を乱したことです。国保の人からは「お前がやったことは、一昔前なら1週間以内に確実に殺されるところだ」と言われました。

 鉄製のケージに入れられ、中に置いてあった鉄製の椅子に両足を縛り付けられた私は「罪など犯していない」と反論しました。すると彼らは、私の執筆した『天安門屠殺(天安門大虐殺)』がねつ造だというのです。本を書いた目的を聞かれたので「目的は全部本に書いたはずだ。まず、どれだけの学生や市民が命を落としたのかはっきりさせること。次に、事件によって亡命を余儀なくされた人たちを帰国させること、そして、共産党政権の殺人鬼たちに事件の償いをさせることだ」と言い返しました。

1989年6月、学生たちによる民主化運動が武力で鎮圧された。戦車の前に立つ青年(GettyImages)

 「中国政府は天安門事件で民主化を求めた学生や市民たちの名誉を回復すべきだ」と主張する人たちがいますが、私は反対です。あなたは殺人鬼に自分の名誉を回復してもらいたいですか? それに、彼らが「私が殺しました、ごめんなさい」と謝ればそれで万事解決するとでも? なすべきことは名誉回復ではなく「断罪」だけです。中国共産党を裁くことしか道は残されていないのです。

 国保の人は、馬三家強制労働収容所に関する本もねつ造だと言うので、私は「分かった。なら君が本の中で上げた馬三家の被害者をここに連れてきて、本当かどうか尋ねてみるがいい!なぜ被害者の調査確認をしないのだ?」と反論しました。

 すると彼らは、なぜこうした写真を撮るのかと問うので、「それは、私は自分たちを人間だと思っているからだ」と答えました。「きみたちは我々を家畜のように扱うことはできないのだ」と。私はごく普通の人間で、私が興味あるのは、普通の人々の喜怒哀楽です。普通の人々が差別され、不当に命を落とすことに対して、私は見過ごせないのです。

数十万もの同胞が餓死 なぜ『長春餓殍戦』を書こうと思ったのか  

関連キーワード

関連特集

^