THE EPOCH TIMES
緊迫の朝鮮半島

迎撃成功率は5割?米国の専門家「ICBM対策は不十分」

2017年12月06日 15時29分

北朝鮮が11月29日に発射した大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15」について、米国の一部の専門家は、米国の迎撃システムの準備が整っていないと危機感を示した。北朝鮮やイランなどから発射されたICBM迎撃において、地下に配備したミッドコース防衛(GMD)だけでは、対策は不十分であると多くの指摘がある。

「このシステム(GMD)はあまり役に立たない」と、モントレー国際ミドルブリー研究所のジェームス・マーティン非拡散研究センターの東アジア核拡散防止プログラム担当ディレクター、ジェフリー・ルイス氏は述べた。

「火星15」の発射を分析する米国の安全保障専門家らは、北朝鮮は、小型化した核兵器を搭載した大陸間弾道ミサイルが、米国領土の全てが目標範囲となった恐れがあると指摘している。

米軍は2017年5月に行われた初のICBM迎撃実験GMD(地上配備型ミッドコース防衛)を成功させたと発表している。しかしルイス氏は「(迎撃成功との)テスト結果には疑問があり、ICBMの能力はより広範に及ぶ。対策は充分ではない」とルイス氏の見方を示した。「脅威に対して米国を確実に防御できることを実証していない」と付け加えた。

迎撃システム、成功率は56%?「信頼得るには実績必要」

関連キーワード

関連特集

^