THE EPOCH TIMES

中国共産党序列5位の王滬寧氏 1カ月姿を見せず、プロパガンダの失敗と関係か

2018年08月07日 16時00分

中国最高指導部の1人である王滬寧氏がここ1カ月、公の場に現れていないことに対して国内外から注目が集まった。王氏は党内序列5位で、イデオロギー・プロパガンダを担当する。一部のメディアによると、最高指導部は王氏を自宅軟禁し、政策の失敗について反省を命じているという。

王氏は7月6日、中国共産党の中央全面深化改革委員会会議に出席した後、動向が報じられていない。また、不可解なことに、同月12日に開催された党中央と政府機関の「党の政治建設」関連会議に、主宰者の王滬寧氏は出席しなかった。代わりに、習近平国家主席の側近である丁薛祥・党中央弁公庁主任が会議を仕切った。王氏は、習主席の7月下旬の中東・アフリカ各国の歴訪にも同行せず、異例だと言える。

個人崇拝を強化

海外メディアや専門家は、王氏に関する憶測は党の宣伝に関するいくつかの事件と関係していると推測する。

まず、米中貿易戦が始まる前後、中国共産党のプロパガンダ宣伝は、映画『すごいぞ、わが国(厲害了我的国)』を製作し上映した。映画は共産党の指導を礼賛しながら、中国に対して貿易措置を辞さないトランプ米政権を痛烈に批判した。その後に行われた米中通商交渉において、中国側の担当高官は気まずい状況にあったに違いない。

トランプ大統領が中国に対して貿易措置を次から次へと打ち出し、中国側はようやく米国を罵倒しても全く効果がないことに気づいた。当局がその後、映画の上映を取りやめ、商務部や外交部、政府系メディアによる貿易戦や米政府への攻撃が一段落した。

党がこの局面に追い込まれたことに、イデオロギー・宣伝を担当する王滬寧氏は責任を負わなければならない。7月上旬、海外中国語メディアが掲載した社説で、中国指導部関係者の話を引用し、共産党内部の激しい対立を指摘した。

報道によると、王岐山氏や劉鶴氏などの党内現実主義派は「中国は米国に対抗する実力がない」と主張する一方で、「現実に目を向けない党内の大物」と「陰険で腹黒い保守派」が民族主義を大々的に宣伝し、米国と戦うことを扇動していると指摘した。「現実に目を向けない党内の大物」は王滬寧氏を指しているという。

2つ目は、最近のプロパガンダで、習近平国家主席に対して、過剰な礼賛と持ち上げが行われている。これは、習指導部に対する「高級黒」(ネットスラング。表面的に称賛しているように見えるが、実は風刺し皮肉っていることを指す)の手法だと思われている。これも、王滬寧氏が大きく関与しているとみられる。

昨年秋の党大会以降、王氏は「習近平社会主義新思想」を掲げた後、習近平氏を党の「核心」と位置付けることに大きく貢献した。

米ラジオ・フリーアジア(RFA)の昨年の報道によると、王滬寧氏が中央政治局常務委員に昇任した翌日、国営新華社通信の報道記事に目を通した後、国内メディアに対して、習近平氏に関する報道・宣伝で「指導者」「統帥」などの名称は使っていいが、「偉大な」などの形容詞の使用禁止を指示した。

昨年の党大会が閉幕してから半年後、習近平氏を礼賛する歌、研究、書籍が次々に出され、中国各地で習氏の肖像画入りポスターが大量に貼られ、習氏が「神棚」に祭られたかのように、いわゆる習氏への個人崇拝の動きが一気に広まった。

プロパガンダ政策の転換

一方、7月に入ってから、こういった風向きが変わった。4日、上海の女性が習氏のポスターにインクをかけた。11日、政府系メディアが、個人崇拝で批判された華国鋒元国家主席がかつて最高指導部内で自己批判を行ったとこぞって報道した。これらの出来事の後に、王滬寧氏の動向が分からなくなった。

同時に、各地で習近平氏のポスターの撤去が始まった。また習氏への個人崇拝プロジェクト「梁家河大学問」や各地で行われた「習思想研究」も中止された。明らかに、これまでのプロパガンダ方針と違う。

王滬寧氏の政策失敗は、意図的なのか、それとも政治情勢への判断を誤ったのか。

王氏は上海の名門、復旦大学で教授を務め、マルクス・レーニン主義、共産党理論の講義をしていた。党指導理論の第一人者でトップブレーンとして、江沢民政権、胡錦涛政権、習近平政権を支える「三朝帝師」と呼ばれている。また、党内の熾烈(しれつ)な権力闘争をうまく乗り切り、指導部に居続けた「不倒翁」でもある。

関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^