印刷版   

8月15日、英BPの株主、米アラスカ州油田の一部操業停止でブラウンCEO(写真)などを含む同社幹部を提訴。2000年3月撮影(2006年 ロイター/Scott Olson)

英BP投資家、米アラスカ州油田の一部操業停止で同社幹部を提訴

 英石油大手BPの株主は、同社がアラスカ州プルドー湾油田のパイプラインの修理を怠り、一部が操業停止に追い込まれたとして同社幹部を提訴した。

 訴えでは、ブラウン最高経営責任者(CEO)やグローテ最高財務責任者(CFO)を含む同社幹部は、パイプラインの腐食を知りながら何の対策もとらなかった、としている。

 訴訟では損害賠償を求めているが、金額は不明。

 BPは先週、プルドー湾油田の東半分の操業を停止することを発表した。操業停止は原油価格を押し上げ、同油田の操業に長期的な影響を及ぼすとみられている。

(ロイター8月15日=ニューヨーク)

 (06/08/16 08:52)  





■関連文章
  • 英BP、米アラスカ油田西半分の操業継続(06/08/14)
  • 英BPのアラスカ州油田、来年1月までにフル稼働状態に戻る見通し=EIA(06/08/09)
  • BP操業停止による供給不足、サウジ他加盟国で補うことが可能=OPEC筋(06/08/08)
  • 米原油先物が上昇、BPの米油田一時操業停止で(06/08/07)
  • 米国が制裁を推進すれば原油が200ドルまで上昇の可能性=イラン外務次官(06/08/04)
  • 原油高の米経済への影響は現時点で限定的=エネルギー長官(06/08/03)
  • 原油高、国民生活に影響与える物価高に結びつき始めた=与謝野担当相(06/08/01)
  • NY原油先物が時間外取引で最高値更新、1バレル=78.40ドル(06/07/14)
  • [焦点]G8で原油高と世界的不均衡問題を協議、G7特別声明を再確認(06/06/12)
  • 原油価格が40―45ドルを下回ることはない=イラク石油相(06/06/10)