印刷版   

8月29日、中国を訪問中のシュワブ米通商代表部(USTR)代表、中国に改革継続を要請。25日撮影(2006年 ロイター/Zainal Abd Halim)

米USTR代表、中国に改革継続を要請

 中国を訪問中のシュワブ米通商代表部(USTR)代表は29日北京で会見し、中国で経済ナショナリズムが高まり、世界貿易機関(WTO)の公約履行が遅れるのではないかと懸念している、と述べた。

 中国政府の内部では、特に重要産業への外資導入に対し審査の厳格化を求める声があがっており、海外政府・企業の間では改革の逆行につながりかねない、との懸念が浮上している。

 会見したシュワブ代表は「経済ナショナリズムの再燃を示す大きな動きがあれば注視していく」と発言。

 米企業連合が進めている広東発展銀行への出資交渉が長引いていることに触れ、「改善が期待されている分野で必ずしも改善が進んでいないという事例がみられる」と指摘。中国に対し金融セクターの対外開放を特に強く求めていく考えを示した。

 広東発展銀行をめぐっては、米シティグループ を中心とする企業連合と仏ソシエテ・ジェネラルの企業連合が経営権取得を目指して争っている。

 シュワブ代表は2日間の日程で北京を訪れている。


[ロイター29日=北京]

 (06/08/29 14:14)  





■関連文章
  • 今年後半の固定資産投資を厳しく管理する必要=中国国家発展改革委(06/08/25)
  • 中国国家発展改革委、固定資産投資の伸びに歯止めかける必要性強調(06/08/02)
  • 中国、戦略石油備蓄管理の専門機関設置を計画=新聞(06/07/20)
  • 人民元の対ドルでの許容変動幅を拡大することが急務=中国政府系紙(06/07/04)
  • 中国はさらなる利上げが必要=社会科学院エコノミスト(06/07/03)
  • 在留台湾人評論家:「中国経済は、展望がない自転車操業」(06/07/02)
  • 歳出削減の十分な根拠出来た=歳出・歳入一体改革で与謝野担当相(06/06/27)
  • 中国の人民元改革、まだ十分とは言えない=アダムズ米財務次官(06/06/16)
  • 諮問会議が歳出・歳入一体改革で本格始動(06/06/01)
  • 経済改革から政治改革へ、中共上層部経済改革会議、多党制度などに触れる(06/05/01)
  • 中国の民衆、冤罪事例3000万件に怒りの上京直訴(06/04/25)
  • 米有力議員、対中国製品への関税法案を延期(06/04/06)
  • 日本の司法制度改革、弁護士不足に対応(06/04/03)
  • 焦国標氏:日米は胡錦涛総書記の政治改革に支援を(06/03/21)
  • 中国と北朝鮮は永遠の同志なのか?(06/02/09)