印刷版   

米・EU・カナダ、中国の自動車部品問題でWTOパネル審理を要請へ

 米国、欧州連合(EU)、カナダは、中国が国際ルールに反して外国製自動車部品の輸入を制限しているかどうかの判断について、世界貿易機関(WTO)に紛争処理委員会(パネル)による審理を要請する方針を固めた。

 米国とEUの関係者が語った。

 EU関係者は匿名で「われわれはパネル設置を要請する方針だ」と述べた。

 また米政府関係者も匿名で、米政府は15日にパネル設置を要請すると述べた。EUとカナダも同様だという。

 [ロイター14日=ワシントン]

 (06/09/15 13:22)  





■関連文章
  • インド自動車セクター、2016年までに年間売上高1450億ドルに(06/09/07)
  • 米通商代表:米中貿易摩擦問題、WTOに仲裁要求の構え(06/09/05)
  • ドーハ・ラウンド会合、農業補助金で譲歩用意あった=USTR代表(06/07/25)
  • 知的財産権を侵害、ヤフー中国が提訴されることに直面(06/07/05)
  • 中共商務部、欧米と輸入自動車部品の関税を協議(06/04/11)
  • 中国、台湾特産品を商標登録、官民で解決さぐる台湾(06/01/19)
  • 香港:WTO部長会議の最中、抗議者と警察が衝突(05/12/18)
  • プーチン大統領、外国銀行支店設立認めず(05/12/17)
  • 在中国米商工会議所白書:中国、WTO加盟条件の不履行を指摘(05/09/05)