印刷版   

10月12日、次期米大統領選で民主党の有力候補とみられていたウォーナー前バージニア州知事が不出馬表明。7月撮影(2006年 ロイター/Jessica Rinaldi)

次期米大統領選、民主党有力候補が不出馬を表明

 2008年の次期米大統領選で民主党の有力候補になるとみられていたマーク・ウォーナー前バージニア州知事が12日、不出馬を表明した。

 穏健派のウォーナー氏は今年、極めて高い支持率を維持したまま知事を退任。不出馬の理由については、勝利できるかどうかという政治的な計算からではないと述べた。

 同氏は声明を発表し「政治的には出馬表明すべき時期のように思うが、私は実生活を望む。これは勝てるかどうかで選んだ選択肢ではない。いまの瞬間が二度と来ないことを私は知っている」と述べた。

 不出馬の決定は、コネティカット州に住むる81歳の父親を訪問し、長女を大学見学につれていった後に下したという。

 ただ同氏は、今後再度、公のポストを目指す可能性については否定しなかった。

[ワシントン 12日 ロイター]

 (06/10/14 09:10)  





■関連文章
  • 小沢氏の民主党代表再選が決定、25日の臨時党大会で承認(06/09/12)
  • 小沢民主党代表が格差是正を最優先に基本理念公表、消費税は福祉目的で5%維持(06/09/12)
  • 小沢一郎・民主党代表が訪中、注目される発言動向(06/07/03)
  • 韓国最大野党ハンナラ党、統一地方選で圧勝(06/06/01)
  • 衆議院補欠選挙、小泉自民党敗退(06/04/25)
  • 日本経済相・二階俊博氏、訪中で東シナ海資源共同開発を協議(06/02/22)
  • 米上院司法委員会、アリート氏を最高裁判事に決定(06/01/25)
  • モンゴル:連立政権崩壊、人民党新首相を指名(06/01/19)
  • グリーン・ピース、中国政府に法人資格と会長釈放を要求(05/12/09)
  • 香港:12月4日に普通選挙を求める市民抗議集会(05/12/01)
  • 中国民主党:天安門事件16周年、中国の民主化を訴える(05/06/02)