印刷版   

シェル、「サハリン2」権益をガスプロムに譲渡で合意=業界筋

 英蘭系石油メジャーであるシェル(RDSa.L: 株価, 企業情報 , レポート)は、サハリン沖の石油・天然ガス開発プロジェクト「サハリン2」について、ロシアのガス独占企業ガスプロム(GAZP.MM: 株価, 企業情報 , レポート)に権益を譲渡することで原則的に合意した。業界関係者が11日に明らかにした。

関係者らがロイターに述べたところでは、合意は先週の協議でまとまり、シェルは権益を55%から減らすが少なくとも25%は保持する。

 シェルとガスプロムの両社は、シェルのファンデルフェール最高経営責任者(CEO)とガスプロムのミラーCEOが、8日に会談したことについては確認しているものの、詳細に関しては明らかにしていない。

 シェルのスポークスマンはロイターに対し「会談は前向きなものだったが、内容については明らかにできない」と語った。一方、ガスプロムのスポークスマンは「シェルは8日の会談で、サハリン2について複数の提案を行ったが、同プロジェクトは、環境面などで問題を抱えているため、ガスプロムはシェルの提案について決断していない」と述べた。

 三井物産(8031.T: 株価, ニュース , レポート)と三菱商事(8058.T: 株価, ニュース , レポート)は現時点で、同プロジェクトの権益をそれぞれ25%、20%保有している。ある業界筋によると、ガスプロムが過半数を確保できるよう、それぞれ10%を売却する可能性がある、という。

 三井物産は、ロイターの報道を確認している、としている。三菱商事は、シェルとガスプロムの間の協議内容については把握していない、としたほか、プロジェクトから完全に撤退する計画はない、としている。

[モスクワ 11日 ロイター]

 (06/12/12 08:14)  





■関連文章
  • サハリン2、環境対策の提示なければさらなる制裁も=ロシア天然資源相(06/10/17)
  • 国際石油、アザデガン油田権益が10%へ大幅低下=操業権も失う(06/10/08)
  • 外国石油会社を排除する意向ない=ロシア大統領府高官(06/10/05)
  • イラン、アザデガン油田めぐる日本との交渉を延長=国営メディア(06/10/02)
  • ロシア当局、サハリン2の包括的環境調査を指示(06/09/26)
  • 「サハリン2」の環境に関する承認を取り消し=ロシア天然資源省(06/09/19)
  • ゴルフ=欧州マスターズ、ウィーは最下位で予選落ち(06/09/09)
  • フィギュアスケート=ミシェル・クワン、今季は学業に専念(06/09/07)
  • 仏海外県レユニオン島で奇病発生、77人死亡(06/03/01)
  • 中国、05年原油輸入量、前年比2・2%減少(06/02/07)
  • 中国株式市場暴落 世界の石油メジャーは恐怖にかられ資本を撤退(05/05/12)