印刷版   

豪当局、英連続爆弾事件受け警戒体制を強化

 オーストラリア当局は、英連続自動車爆弾攻撃・同未遂事件を受け、全土の警備体制を強化した。現在、この事件で拘束されたインド国籍のモハメド・ハニフ医師の尋問のため、英国警察がブリスベーンを訪れている。同医師は、2日に出国しようとしていたところを拘束された。

 クイーンズランド州警察は、ケアンズで3日間にわたって行われるアジア太平洋経済協力会議(APEC)貿易担当相会合の期間中、警戒を強化するとしている。

 一方ブリスベーンでは、4日夜に行われる国内最大級のスポーツイベントのラグビーリーグ戦に供え、警備体制を強化。さらに、9月に米中など23カ国の首脳が出席してシドニーで行われるAPEC首脳会議に関しても、警備体制が再検討されている。

 ただハワード首相は、ハニフ医師の拘束を受けても全土のテロ警戒レベルを現在の「ミディアム」から引き上げることはないとしている。

[キャンベラ 4日 ロイター]

 (07/07/05 01:18)  





■関連文章
  • 英連続爆弾事件の逮捕者、4人は外国人医師(07/07/04)
  • ロンドンの地下鉄駅付近で不審車両を捜査中=警察(07/07/04)
  • 倒壊寸前の校舎と、ホワイトハウス並みの豪華庁舎=中国地方行政の幹部汚職(07/07/02)
  • 米政府が空港の警備強化、テロ警戒レベルは変更せず(07/07/01)
  • 英国の空港に車が突入炎上、テロ警戒レベル最高に(07/07/01)
  • ロンドン中心部で爆弾積んだ2台の車、警察が未然に処理(07/06/30)
  • 豪州税関、中国からの武器密輸大量摘発(07/06/29)
  • キルギスタン政府、中国人スパイ逮捕を公表(07/06/29)
  • ドイツ国防省、T・クルーズに軍事施設での撮影認めず(07/06/27)
  • 中国南西部:豪雨で18億元の損失(07/06/25)
  • 男子の学力向上には「音楽」と「チョコ」=豪調査(07/06/25)
  • 豪州ハワード首相、ダライ・ラマと会談(07/06/18)
  • 豪州シンクタンク会長、中国臓器狩り現地調査の許可を要求(07/06/17)
  • 中共はチベット文化を絶滅させようとしている=ダライ・ラマ14世(07/06/16)
  • 広東省東莞県:連日の豪雨で、建物21棟傾く(07/06/14)