8割以上の国民が飲み水に不安=中国

2007年09月25日 10時07分
 【大紀元日本9月25日】中国で97・2%の人が現在の水汚染は深刻だと答えており、そのうち68・4%は非常に深刻と考えているという。中国青年報の社会調査センターと騰訊網新聞センター(newsQQ.com)がこのほど合同で行った調査でわかった。

 また以前よりも水質が悪くなったと答えた89・6%人のうち62・9%は非常に悪くなっていると答え、87・3%が自分の飲んでいる水に対し不安を感じているとの結果が出ている。

 全国人民代表大会常務委員会は水汚染防治法(改定草案)に対する民間調査で75・8%の人が違法者取締対策資金の増加を希望、75%が政府による追求の強化、67・5%が国民の全員参加を希望していることを明らかにした。

 
(翻訳・坂本)


関連キーワード
^