印刷版   

天津競技区中継センター(完成図)

天津競技区中継センター、建築現場事故41人負傷

 【大紀元日本7月9日】7月6日夜、天津競技区中継センター建築現場の足場が崩れる事故が発生し、作業員ら41人が負傷した。

 新華社によると6日夜、天津デジタル・テレビ局ビル工事現場で、コンクリートを型に流し込む天板を支える足場が崩れ、41人が負傷した大事故となった。病院へ運ばれた負傷者の内、6人が重傷を負った。

 海外ネット報道によると、事故発生した現場は2008年五輪開催時に天津競技区の報道に使用される中継センターだという。地上27階、地下2階で高さ158メートルのこのビルへの投資は230億円、主にデジタル・テレビ局、スタジオ、総合サービスセンター、報道センター、五輪報道センター、多目的劇場およびこれらの施設に必要なセット設備を備えている。

 敷地面積は広大で、東側は九連山路から、西の友誼南路まで、北は郁江道から、南の梅江道まで広く跨いでいて、地上の総合建築面積が15・07万平方メートルで、地下建築面積が7・2万平方メートルの超大型建築物。建築完成後は、従業員3000人および派遣社員6000人がここを通うことになる。

 
(翻訳/編集・余靜)


 (08/07/09 08:13)  





■関連文章
  • オリンピックまであと30日 北京の大気汚染は基準を5倍超過(08/07/09)
  • 青島五輪ヨットレース開催地:止まらぬ緑藻の氾濫(08/07/09)
  • 頻発する国内動乱、五輪の脅威として懸念=中国政府官員(08/07/08)
  • 五輪のため、学生寮を追い出される大学生=北京(08/07/05)
  • カナダ評論家 中国で頻発する重大事件に注目(08/07/04)
  • 訪中した米議員、「北京五輪が大規模な弾圧を招く」(08/07/03)
  • グローバル人権聖火リレー:福岡市で盛大に閉幕、韓国へ引継ぎ(08/07/02)
  • 五輪ヨットレース開催地、緑藻が異常繁殖=中国青島市(08/06/30)
  • IOC:中国当局へ、政治とスポーツを分けるよう要求(08/06/28)
  • 五輪報道自由の約束不履行で、中国当局を非難=国境なき記者団(08/06/27)
  • 米国議会、北京五輪前の宗教弾圧報告会(08/06/26)
  • 北京五輪マスコットが悪魔に?(08/06/25)
  • 中国中央宣伝部、五輪報道で通達(08/06/25)
  • 北京五輪トーチリレー:厳戒のチベット、3時間で終了(08/06/24)
  • 新唐人衛星テレビ局アジア向放送が中断、中国当局の妨害か(08/06/23)