印刷版   

中国石油大手、イラク最大油田の開発を英BPと連合落札

 【大紀元日本11月2日】中国石油最大手の中国石油天然気集団公司(CNPC)と英BP(ブリティッシュペトロリアム)との企業連合が先月、イラク国内最大のルメイラ油田の開発権限を落札、すでにイラク側と基本的な合意に達した。このプロジェクトの投資規模は150億ドルを超す。中国国内紙「新京報」が伝えた。

 イラク石油省のアシム・ジハド報道官によると、同基本合意はイラク内閣の承認を得てから最終的な調印が行われる予定で、開発期間は20年間。調印後、同油田の石油生産量を1日あたり285万バレルまで増産する。

 中国国内の石油専門家は、今回の合意は、CNPC社が中東地区の油田・ガス田開発への参加に優位な道筋を作ったと指摘する。

 中国CNPC社によれば、今年8月から、同社の関連企業がすでに同油田の開発準備を始めたという。

 今回のルメイラ油田の落札は、1972年以来イラク政府が初めて行った国内大型油田・ガス田への国際入札によるもの。

 イラクはサウジアラビアとイランに続いて世界第三位の石油生産国。すでに判明している石油埋蔵量は約1150億バレルで、世界の埋蔵量の10%を占めている。一方、2008年末までに、中国CNPC社の国際石油・ガス田開発は世界29カ国に広がり、75の提携プロジェクトが運行中。

(翻訳編集・叶子)


 (09/11/02 07:56)  





■関連文章
  • 中国、イランとの友好関係強調 国連制裁が難航に(09/10/22)
  • 中ロ仏日と中東諸国が極秘談判 米ドルを石油取引から排除か(09/10/12)
  • グリーンピース報告:石油業界はすでに限界(09/08/11)
  • 中国:電力消費急減で鉱工業生産上昇の矛盾(09/06/13)
  • 温首相に靴を投げつけた大学生、無罪判決(09/06/07)
  • 格安航空運賃、片道900円=米国(09/06/02)
  • モーガン・スタンレー社元幹部、インサイダー取引で逮捕=香港(09/05/17)
  • 中国とイラン30億ドルの油田建設契約(09/03/16)
  • 【ハーブティーを楽しみましょう】(22):ネトル(09/01/18)
  • G8洞爺湖サミット:石油価格、食糧問題、地球温暖化が議題(08/07/08)
  • 国連高等弁務官 世界的な難民増加を懸念(08/06/21)
  • イラク:化学工場火災、30人死亡38人負傷(08/05/27)
  • 中国消費物価指数上昇、加速するインフレ率(08/05/11)
  • 2008年上半期:広東・珠江デルタ地区、香港系企業4千社閉鎖(08/04/28)
  • イラク、トルコ軍による越境攻撃を非難し即時撤退求める(08/02/27)