印刷版   

成語典故(図:柚子)

人間万事塞翁が馬(じんかんばんじさいおうがうま)

淮南子・人間訓に記された物語。

 【大紀元日本11月5日】

 昔、北方の胡(こ)との国境近くに城塞があり、そこに占いの上手な老人が住んでいた。ある時どういうわけか、その老人の馬が胡のほうへ逃げていってしまった。近所の人々は気の毒がって老人をなぐさめに行った。ところが老人は残念がっている様子もなく「このことが幸福にならないとも限らないよ」と言った。

 そして数カ月経ったある日、逃げ出した馬が胡の良い馬をたくさん連れて帰ってきた。そこで近所の人たちがお祝いを言いに行くと、老人は首を振って言った。

 「このことが禍(わざわい)にならないとも限らないよ」

 しばらく経ったある日、乗馬が好きな老人の息子が馬から落ちて足の骨を折り、不自由な体となってしまった。近所の人たちはかわいそうに思ってなぐさめに行くと、老人は平然と言った。

 「足の骨は折ってしまったが、命は助かった。このことが幸福にならないとも限らないよ」

 1年が経ったころ、胡の国の人たちが攻め入ってきて、戦争になった。城塞近くの若者はすべて戦いに行き、その多くは死んでしまった。しかし、老人の息子は足が不自由なため、戦いに行かずに済み、無事だったという。

 「人間」(じんかん)とは、世間という意味で、「塞翁」とは城塞に住んでいる老人を指す。 【人間万事塞翁が馬】(じんかんばんじさいおうがうま)とは、「城塞に住む老人の馬がもたらした運命は、福から禍へ、また禍から福へと人生に変化をもたらし、世間の禍福は予想がつかない」というエピソードである。

(翻訳編集・柳小明)


 (09/11/05 05:00)  





■関連文章
  • 「台湾向けミサイル撤回が前提」=馬総統(09/10/24)
  • 北京五輪招致をめぐるIOCとの裏幕、中国五輪委員会元トップが暴露(09/10/16)
  • 【歴史物語】孔子の馬方(09/10/04)
  • 「テロ関与」で訪台禁止 ラビア氏、馬英九政権に陳謝要求(09/09/28)
  • 「ドーカイ」の掛け声に、秋の気配=熊本・藤崎八旛宮例大祭(09/09/28)
  • 15種類の夢(09/09/26)
  • 鳩山新政権に、家族の救出支援を請願=在日華人(09/09/19)
  • 李登輝訪日、民主党政権に「中国に惑わされないよう」=東京で講演(09/09/06)
  • ダライ・ラマ、台風被災地の慰問で訪台 与党、面会を拒否(09/09/01)
  • 救済対応に不満、馬総統支持率が過去最低=台湾(09/08/22)
  • 台風の被災者憤り増大、台湾内閣改造か(09/08/19)
  • 台風被害甚大、馬英九総統へ批判高まる=台湾(09/08/19)
  • 日本の有識者 「中共に急接近する馬政権」に懸念(09/06/20)
  • 台湾野党60万人デモ、現政権の親中国融和政策を非難(09/05/19)
  • 中国大型スパイ・ネット、103カ国に侵入(09/04/01)