米司法省、中国政府工作員5人を一斉起訴 「国境を超えた弾圧計画」に関与

米司法省(DOJ)は16日、中国系移民に対する嫌がらせや尾行、スパイ行為、連邦政府職員への贈賄、法執行機関への欺瞞などの罪で、中国政府の「秘密工作員」5人を起訴した。
2022/03/17

北京五輪会場の目と鼻の先にある収容所…人権団体が収容所マップ公開

4日、北京冬季五輪が開幕した。数百人の子供たちが平和の象徴であるハトの模型を手に、ハート型を作るなど「華やかさ」を象徴した開会式となった。いっぽうで聖火の点火者に新疆ウイグル自治区出身のウイグル族の女子選手を起用するなど
2022/02/09 武田綾香

雲南省法輪功学習者が死去 独房に長期収容 4年間「日光を浴びず」

法輪功情報サイト「明慧網」5日付によると、中国雲南省昆明市の法輪功学習者、普政さん(男性)は、刑務所で長期的な拷問を受け、体が衰弱し、2017年に亡くなった。
2021/12/21

法輪功学習者、1~10月101人が迫害で死亡

法輪功情報サイト「明慧網」の統計によると、今年1月~10月までに、中国国内で少なくとも101人の法輪功学習者が迫害を受けて亡くなった。
2021/11/15

9月、101人の法輪功学習者 中国当局により違法判決

明慧ネットによると、9月、101人の法輪功学習者が違法な判決を受けた。この判決は19省・自治区・直轄市の42都市に及ぶ。
2021/10/07

「一晩で数百人逮捕」中国の元警官、ウイグル族迫害の実態を証言

ヨーロッパに亡命中の元中国警察官が、新疆ウイグル自治区でのウイグル人に対する拷問の惨状を匿名で暴露した。CNNは10月4日に独占インタビューを掲載した。
2021/10/07

中国当局、海外華人に「越境弾圧」 仏報告書が実態明かす

フランス国防省傘下の陸軍士官学校戦略研究所(IRSEM)が発表した約650ページに及ぶ報告書、「中国(中共)の影響力作戦」は、中国共産党政権が、世界各国の中国系住民を党の方針に従わせるように、「世界最大の越境弾圧」を行っている実態を明らかにした。
2021/09/30

「法輪功への迫害はジェノサイドだ」トランプ前米政権顧問が見解 注目度の低さも問題視

トランプ前米政権下でポンペオ前米国務長官の中国政策顧問を務めたハドソン研究所のマイルズ・ユー(余茂春、Miles Yu)上級研究員は、大紀元のインタビューで、中国共産党による法輪功学習者への弾圧は事実上のジェノサイド(集団虐殺)であると述べた。
2021/08/14

四川省の収容施設、法輪功学習者に熱湯かけて拷問

米拠点の法輪功情報サイト「明慧網」によると、中国四川省三台県の法輪功学習者、陳明さんは2019年、地元当局に拘束されている間、熱湯を頭からかけられる拷問を2回受けた。
2021/07/24

米国務省、「直ちに法輪功弾圧を停止せよ」と中国に要求 今日で22年経過

米政府は19日(現地時間)、中国当局に対して中国伝統気功グループ、法輪功学習者に対する長期にわたる弾圧を「直ちに停止し」、拘束されている学習者全員を釈放するよう求めた。
2021/07/20

手のひらサイズの小さな椅子 長時間座らせて拷問 経験者「死んだ方がマシ」

経験者が「臀部が血だらけになり、精神的にも極めて苦痛で、死んだ方がまだマシだと思える」と振り返る、この「小さなイス」座りによる拷問は、中国当局が法輪功学習者に信仰を放棄させるために使用する隠された残酷な拷問手段である。
2021/06/20

母を拘束、父に口止め「法輪功弾圧やめて」娘が中国大使館に書簡投函

中国共産党によって不法に拘束された法輪功学習者の母親の釈放を求めて、日本在住の法輪功学習者である付偉彤(ふ・えいとう)さんは6月15日、中国大使館前で静かな抗議を行った。付さんは、信条を理由にした逮捕は不当であると訴え、読み上げた公開状を同館のポストに投函した。
2021/06/17

米、法輪功弾圧機関「610」の元幹部を制裁 関係者「中国当局への警告」

5月13日の世界法輪大法デーの前日、米国のブリンケン国務長官は、中国伝統気功グループ、法輪功学習者の迫害に関与したとして、四川省成都市の当局者1人とその親族に制裁を科すと発表した。関係者は、今回の制裁は中国当局と法輪功弾圧専門機関に対する警告だと指摘した。
2021/05/24

世界法輪大法デー22周年、スイス議員ら110人が祝辞

13日、第22回「世界法輪大法デー」を祝うため、スイスの政治家約110人が共同署名書簡を公開し、「逆境と困難に直面しているこの世界には、真・善・忍という普遍的な価値観が必要だ」と示した。
2021/05/10

【独自】法務省が法輪功学習者を難民認定、日本で初

法務省は4月、日本に在住する中国出身の法輪功学習者を難民として認定した。大紀元の調べでは、日本当局が中国共産党による法輪功迫害を難民認定の理由に該当すると判断したのは今回が初めて。NPO法人日本法輪大法学会の会長は大紀元の取材に対して、日本政府が法輪功迫害問題で明確な態度を示したことの意義は大きいと述べた。
2021/05/07

中国最大規模の平和的陳情から22年 元教授が当時を振り返る

今から22年前の1999年4月25日、中国では1989年の天安門事件以来、最大規模の平和的陳情が行われていた。
2021/04/25

米国際宗教自由委、年次報告書発表 「法輪功が引き続き弾圧受けている」

米政府系機関、米国際宗教自由委員会(USCIRF)は21日、年次報告書を公開した。報告書は、中国当局は2020年にも中国の伝統気功・法輪功の学習者を弾圧しており、学習者への強制臓器収奪も続けているとの認識を示した。
2021/04/23

衆議院議員会館で人権団体が会見 国会決議の早期成立求める

12日、中国の人権問題を非難する国会決議の早期成立を求めるための記者会見が衆議院議員会館で行われた。中国共産党によって弾圧されている民族や団体の代表が多数参加し、詰めかけた報道陣に対し現状を訴えた。そして一日も早く国会決議を全会一致で成立することを求める声明文を発表した。
2021/04/13

高齢の法輪功学習者3000人以上が迫害受ける 100人超死亡 18年からの3年間で

中国で2018~20年までの3年間、65歳以上の法輪功学習者のべ3827人が、当局から迫害を受けたことがわかった。うち106人が死亡し、350人が不当な実刑判決を言い渡された。
2021/03/10

法輪功弾圧、不当判決の学習者が新たに194人確認

中国伝統気功グループ、法輪功の情報サイト「明慧網」4日付によると、昨年1月から今年1月まで、中国当局の不当判決を受けた法輪功学習者は新たに194人確認された。
2021/02/05

ポンペオ長官、新政権にメッセージ「米国存続のため中共の脅威に取り組むように」

マイク・ポンペオ米国務長官は1月19日、バイデン新政権に対し、中国共産党は米国にとって「実存的」な脅威であり、この問題には真剣に向き合わなければならないと述べた。ポンペオ氏は国務長官任務のなかで、中国共産党による米国および世界に対する害について繰り返し強調してきた。
2021/01/20

世界35カ国の議員ら約900人が署名活動参加、法輪功弾圧を非難

12月10日の世界人権デーに合わせて、中国当局に弾圧されている伝統気功、法輪功の情報を発信する米国法輪大法情報センターは、ニュースリリースを発表した。これによると、7月以降、世界35カ国・地域の政府高官や議員、政治家897人が署名活動に参加し、中国当局の弾圧政策を非難し、中国に法輪功学習者への迫害を直ちに止めるよう呼びかけた。
2020/12/10

10月、中国当局が法輪功学習者65人に懲役刑 80歳女性も

中国当局は10月、伝統気功グループ、法輪功の学習者65人に対して、不当判決を言い渡したことがわかった。うちの19人は65歳以上。最高齢は80歳だ。法輪功情報サイト「明慧網」が11月4日、報じた。
2020/11/07