印刷版   


法輪功学習者6千人、弾圧反対の平和抗議=台湾

 【大紀元日本12月25日】台湾訪問中の中国の対台湾交流窓口機関、海峡両岸関係協会の陳雲林会長が滞在する台中のホテル前で21日、6千人あまりの台湾法輪功学習者が中国当局による法輪功弾圧に反対する平和的な抗議活動を行った。

 抗議者が掲げる巨大な横断幕には、江沢民・前国家主席と、最高指導部の高官・羅幹、薄煕来、呉官正、賈慶林が法輪功弾圧の主導者として、アルゼンチンやスペインなどの裁判所で起訴されたというメッセージが書かれていた。

 人権派弁護士で、「米国人権協会」アジア地区執行長の朱婉琪氏は、「台湾を訪問する中共高官には、法輪功弾圧に反対するメッセージを中国国内に持ち帰ってほしい。そして、弾圧に加担する中共の高官にも伝えてほしい。国際司法による正義の審判はそう遠くないことを彼らに分かってほしい」と述べた。
「中共高官が海外の裁判所で起訴された」と書かれた横断幕(宋碧龍/大紀元)


ホテル周辺で平和的な抗議活動を行う法輪功学習者たち(宋碧龍/大紀元)

(記者・鄭亦宸、翻訳編集・叶子)


 (09/12/25 07:47)  





■関連文章
  • アメリカの対中関係のキーポイント(09/12/24)
  • 中台窓口トップ会談に抗議 台中市10万人デモ(09/12/23)
  • 江沢民に国際逮捕状=アルゼンチン連邦裁判所(09/12/21)
  • 【速報】台湾東沿海外海 震度7の地震発生(09/12/20)
  • 世界初:脳波でページがめくれる!=台湾(09/12/19)
  • 元中国高官、台湾訪問中に刑事告訴される(09/12/18)
  • 生きた法輪功学習者の臓器狩り、中国の警察から新たな証言(09/12/15)
  • 台湾行政院長:中国資本による台湾金融業への出資、認可しない(09/12/11)
  • 台湾・統一地方選:民進党復活、国民党後退 馬総統の中国政策に影響か(09/12/08)
  • <江沢民起訴案件>法律専門家:「国際法の重大突破」(09/12/06)
  • 新書「血まみれの臓器狩り」 カナダでベストセラーに(09/12/05)
  • 【台湾通信】金瓜寮渓の散策風景(09/12/03)
  • 5年間で6000万人の魂を救った一冊の本(09/12/03)
  • <江沢民起訴案件>スペイン外務省:司法に干渉しない(09/12/01)
  • 2012年、台湾大劫難=新書、北京の台湾陥落戦略を暴露(09/11/30)