THE EPOCH TIMES

50年に一度の大干ばつで385万人が水不足=雲南省

2010年02月05日 07時27分
 【大紀元日本2月5日】雲南省では今年、50年に一度の大干ばつに見舞われ、楚雄市では農村20数万人の水不足、保山市の大部分では連続120日間雨が降っておらず、玉渓市では収穫を見込めない田畑が34・1万畝(1畝は6・667アール)、昆明市、曲靖市、香格里拉などでは最近、山火事が連続発生している。

 雲南省のネットサイトによると、2日の昆明市近郊の宜良県木龍村小沖村では大部分の耕地が干ばつによりひび割れ、多くの貯水池も干からびている。小麦は全滅し、果樹も虫の息である。先月末までに雲南全省の農作物の干ばつ被害面積は1千755万畝。385万人と209万頭の家畜が水不足に陥っている。

 特に昆明市では60年ぶりの冬季干ばつに見舞われ、先月28日までの全市の農作物被害面積は145・5万畝、57万市民と29万頭の家畜の飲用水確保が困難となっている。昨年の秋から冬にかけて4カ月以上の渇水で、玉渓市の大部分の地区では50年に一度の大干ばつとなった。収獲の見込みが無くなった農地面積は34・1万畝。楚雄市では昨年10月から12月の降水量はわずか3・6ミリで、現在都市に水を供給する貯水池は深刻な水不足で、供給が困難な状態だ。

 雲南省気象部門によると、この先1週間以内の雲南省16州と市の総合渇水指数は最大になると予想している。高温少雨が続いている今年の冬春の天候により、干ばつの状況は更に深刻になると、雲南省気象部門は予測している。

(翻訳編集・坂本)


関連キーワード
^