THE EPOCH TIMES

M9.0に修正、世界観察史上最大級 死者・不明者は2100人超

2011年03月13日 14時22分
 【大紀元日本3月13日】東日本巨大地震の発生から3日目の13日、気象庁は地震の規模を示すマグニチュード(M)を8.8から、世界観測史上最大級の9.0に修正した。

 日本の観測史上最大規模。1900年以降に世界で発生した巨大地震の中でも、1960年に起きたチリ地震のM9.5、64年のアラスカ地震のM9.2、2004年のインドネシア・スマトラ沖地震のM9.1に次ぐ4番目に大きな規模となる。

 一方、徐々に被害の深刻さも明らかとなっている。警察庁によると、13日午前10時現在、12都道県で地震や津波による死者が763人、行方不明者は639人。各県からの統計では、死者・不明者は2100人を超える見通しという。また、警察庁によると、避難者は24万人を超えた。

 気象庁が13日午後に行った記者会見によると、今後3点xun_ネ内にM7以上の余震が起きる確率は70%以上と非常に高いという。余震や津波に引き続き厳重に警戒するよう同庁は呼びかけている。

3月12日、茨城県東海村の港。輸出用に停車されていた車両が焼け、散乱している(YOMIURI SHIMBUN/AFP/Getty Images)

3月12日、マグニチュード9.0の地震が直撃し、大津波が襲った岩手県山田市。残骸で溢れた市内に漁船が散乱している。白煙が上る山田町の様子。巨大地震の後、大津波に襲われた(YOMIURI SHIMBUN/AFP/Getty Images)

(日本語ウェブ報道編集チーム)
関連キーワード

関連特集

^