大紀元時報

カナダの元外交官でNGO上級顧問、中国で拘束 報復との見方多数

2018年12月12日 00時42分
NGO国際危機グループ(ICG)によると、同組織の北東アジア担当上級顧問で元カナダ外交官のマイケル・コブリ氏が中国で拘束された。写真は2017年11月16日、北京で開かれた商業イベントに参加するコブリ氏(@MichaelKovrig)
NGO国際危機グループ(ICG)によると、同組織の北東アジア担当上級顧問で元カナダ外交官のマイケル・コブリ氏が中国で拘束された。写真は2017年11月16日、北京で開かれた商業イベントに参加するコブリ氏(@MichaelKovrig)

国際NGOの国際危機グループ(ICG)によると11日夜までに、同組織の北東アジア上級顧問マイケル・コブリ氏が中国で拘束された。同氏はICGの仕事のために中国にいたという。

「私たちは、マイケルの居場所と早急な解放に向けた、可能な限りの追加情報の確保を行っている」とICGはメディア向けリリースで明らかにした。拘束された理由はわかっていない。

コブリ氏は2014年に北京カナダ大使館副領事を、2016年には香港のカナダ領事館総領事を務めた。コブリ氏は2017年からフルタイムで勤務している。

2018年10月、コブリ氏は米地方紙マイアミ・ヘラルドへの寄稿文で「米中関係は、1989年の天安門事件以来最悪だ」と書いた。コブリ氏による最新のSNSアカウントの操作は9日の朝。

同氏の拘束との関連は不明だが、多くの英字メディアは、中国政府の報復行動の可能性があると報じた。

カナダ当局は1日、米国の要請を受けて、中国通信機器大手・ファーウェイ(華為技術)の孟晩舟CFOを拘束した。中国はカナダに対して即時釈放を求め「さもなくば必ず重大な結果をもたらし、カナダ側が全ての責任を負う」と主張している。

在米経済専門家ゴードン・チャン氏はSNSで、中国側の態度から何らかの報復行動を示唆しているとし、中国にいる米国籍やカナダ籍の人々に警戒を促している。

(編集・佐渡道世)

関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^