大紀元時報

米国の自制的対応を評価、中東安定へ外交努力尽くす=安倍首相

2020年01月09日 11時32分
安倍晋三首相は9日午前、イランによるイラク駐留米軍へのミサイル攻撃に対し、トランプ米大統領が軍事的な報復はしないと発言したことについて、「自制的な対応を評価する」と述べた。写真は2019年12月、中国の成都で撮影(2020年 ロイターWang Zhao)
安倍晋三首相は9日午前、イランによるイラク駐留米軍へのミサイル攻撃に対し、トランプ米大統領が軍事的な報復はしないと発言したことについて、「自制的な対応を評価する」と述べた。写真は2019年12月、中国の成都で撮影(2020年 ロイターWang Zhao)

[東京 9日 ロイター] - 安倍晋三首相は9日午前、イランによるイラク駐留米軍へのミサイル攻撃に対し、トランプ米大統領が軍事的な報復はしないと発言したことについて、「自制的な対応を評価する」と述べた。

安倍首相は官邸で記者団に対し、「日本はすべての当事者に自制的な対応を強く求めてきた」としたうえで「今後も(中東)地域の情勢緩和と安定化のために外交努力を尽くす考えだ」と語った。

^