大紀元時報

アングル:新型肺炎、航空業界への打撃は SARSとの比較

2020年01月25日 11時37分
1月23日、中国武漢市で発生して感染が拡大している新型コロナウイルスによる肺炎を巡り、航空会社や搭乗客は警戒感を募らせている。写真は武漢の空港で、航空便のキャンセル情報を確認する男性(2020年 ロイター/cnsphoto)
1月23日、中国武漢市で発生して感染が拡大している新型コロナウイルスによる肺炎を巡り、航空会社や搭乗客は警戒感を募らせている。写真は武漢の空港で、航空便のキャンセル情報を確認する男性(2020年 ロイター/cnsphoto)

[23日 ロイター] - 中国武漢市で発生して感染が拡大している新型コロナウイルスによる肺炎を巡り、航空会社や搭乗客は警戒感を募らせている。足元までの航空業界による対応状況や、2003年に800人近くが死亡した重症急性呼吸器症候群(SARS)と比較して業界が受ける可能性がある金銭的な被害をまとめた。

<予想される航空業界への金銭的被害>

最大の懸念は、新型コロナウイルスによる肺炎が世界的に流行した場合に予想される旅行需要の急激な落ち込みだ。SARSが最も深刻化した03年4月には、国際航空運送協会(IATA)によるとアジアで航空機利用需要が45%減少した。キャセイパシフィック航空が40%近くの便を欠航して赤字を計上したほか、シンガポール航空<SIAL.SI>、日本航空(JAL)<9201.T>、全日本空輸(ANA)<9202.T>なども同様の事態に陥った。

そして航空業界は足元で、中国旅行客への依存が高まっている。

例えばオーストラリアでは、国際便での中国人搭乗客の比率は03年時点の4%から15%強に上がったことが、ムーディーズのデータで分かる。これらの搭乗客のほとんどは中国本土の航空会社を利用してオーストラリアに到着した後、オーストラリアの航空会社機に乗り換えて各地に向かうので、中国の旅行需要が減少すればカンタス航空などにたちまち影響する。

03年以降で年間の旅客便利用者数は2倍以上に増加しているが、なかでも中国から海外への渡航増大で、中国が海外旅行で世界最大の市場になっている。中国当局のデータに基づくと、03年に中国から国際便を使って旅行した人は680万人だったが、18年は6370万人と10倍近い。

IATAによると、世界の航空会社の総収入も03年の3220億ドルから19年には8380億ドルと、2倍を超える増加となった。

シンガポールの独立系航空アナリスト、ブレンダン・ソビー氏は「(新型肺炎の影響が)副次的な一つの市場だけに収まるのか、あるいはどこかの国全部、またはもっと広い地域に影響を及ぼすかどうか予想できないのは間違いないし、業界のコントロールの範囲外だ」と述べた。

<最も影響が見込まれる航空会社>

大韓航空<003490.KS>、シンガポール航空傘下の格安航空会社スクート、台湾の中華航空<2610.TW>、ANAなど多くの航空会社は、武漢市当局が武漢を出発する航空便や列車の停止を宣言した後、同市離陸便だけでなく、到着便の運航停止も発表した。また韓国の格安航空会社ティーウェイ航空<091810.KS>は、武漢市への新路線就航予定を延期した。

航空便の動きを追跡しているサイト「フライトレーダー24」を23日0600GMT現在確認すると、武漢から同日離陸予定だった便の60%に当たる184便が欠航した。

中国の民間航空路線のうち武漢天河空港に離発着するのは約2%で、国内便が主体。ジェフリーズは、同空港は全体の88.8%が国内便とみている。中国南方航空<600029.SS>のシェアが30%と最大だ。

<中国旅行のキャンセル状況>

韓国旅行代理店最大手ハナツアー<039130.KS>は、今週に入って中国旅行のキャンセルが前年同期比でおよそ20%増えたと明らかにした。この数字には延期や目的地変更も含まれるという。

トーマス・クックのインド法人幹部のラジーブ・ケール氏は、一部の顧客が中国旅行について懸念を高めていると明かし、「大半の顧客は今後の推移を静観する態勢を取っている」と述べた。

フィリピン航空、ガルーダ航空<GIAA.JK>、JALは、まだ中国発と中国着の便の予約は鈍っていないと述べた。フィリピンの格安航空会社セブパシフィック航空は、一部の搭乗客が中国に向かうのは安全かどうか不安を示したとしながらも、予約はキャンセルされていないとしている。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^