大紀元時報

新型肺炎対策で中国に支援申し出、マスク・防護服提供など=菅官房長官

2020年01月28日 12時21分
1月28日、菅義偉官房長官は閣議後の会見で、中国で新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大している中で、26日の日中外相会談で中国に対し、肺炎対策への支援を申し出たことを明らかにした。中国側からは感謝の意が示されたという。写真はマスクをした男性、上海で24日撮影(2020年 ロイター/Aly Song)
1月28日、菅義偉官房長官は閣議後の会見で、中国で新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大している中で、26日の日中外相会談で中国に対し、肺炎対策への支援を申し出たことを明らかにした。中国側からは感謝の意が示されたという。写真はマスクをした男性、上海で24日撮影(2020年 ロイター/Aly Song)

[東京 28日 ロイター] - 菅義偉官房長官は28日閣議後の会見で、中国で新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大している中で、26日の日中外相会談で中国に対し、肺炎対策への支援を申し出たことを明らかにした。中国側からは感謝の意が示されたという。今後、中国の具体的なニーズに沿って支援を行う予定で、マスクや防護服の提供などを含めて中国政府と最終的な調整を行っている。

湖北省・武漢市に在留している日本人の帰国については「中国と日程調整ができれば、(すでに)出発準備は整えている」と述べ、出発日程はまだ調整が終わらない状況にあると説明した。

帰国希望者は、現地で手配した車両で空港まで輸送する予定という。ただ、在留邦人の全員が帰国を希望しているわけではなく、現在、希望者を把握中であるとして、正式な人数の公表は差し控えるとした。

(中川泉 )

^