大紀元時報

トランプ米大統領弁護団スター氏、「政争の具」と弾劾裁判を批判

2020年01月28日 12時17分
1月27日、米上院で開かれたトランプ大統領の弾劾裁判で、大統領弁護団のケネス・スター氏(写真)が陳述を行い、トランプ氏罷免への反対を表明したほか、弾劾裁判が政争の具になっているなどとして弾劾裁判そのものへの疑問を呈した。2009年3月5日、サンフランシスコで撮影(2020年 ロイター/Paul Sakuma)
1月27日、米上院で開かれたトランプ大統領の弾劾裁判で、大統領弁護団のケネス・スター氏(写真)が陳述を行い、トランプ氏罷免への反対を表明したほか、弾劾裁判が政争の具になっているなどとして弾劾裁判そのものへの疑問を呈した。2009年3月5日、サンフランシスコで撮影(2020年 ロイター/Paul Sakuma)

[ワシントン 27日 ロイター] - 米上院で開かれたトランプ大統領の弾劾裁判で27日、大統領弁護団のケネス・スター氏が陳述を行い、トランプ氏罷免への反対を表明したほか、弾劾裁判が政争の具になっているなどとして弾劾裁判そのものへの疑問を呈した。

スター氏は、1998年のクリントン大統領(当時)の弾劾訴追につながる調査を行ったことで知られる。

スター氏は上院で、トランプ氏は罷免されるべきではないとし、2020年11月の選挙で有権者の審判を仰ぐべきだと述べた。

また「弾劾裁判はあまりにも頻繁に開かれている。実際、われわれは弾劾の時代を生きていると言える」と語った。

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^