大紀元時報

ドイツ、新型肺炎で初の感染者を確認

2020年01月28日 12時36分
1月27日、ドイツ当局は、中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の国内発の感染者を確認したと発表した。写真は独ベルリンのテーゲル空港に貼られたウイルスの情報、26日撮影(2020年 ロイター/Annegret Hilse)
1月27日、ドイツ当局は、中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の国内発の感染者を確認したと発表した。写真は独ベルリンのテーゲル空港に貼られたウイルスの情報、26日撮影(2020年 ロイター/Annegret Hilse)

[27日 ロイター] - ドイツ当局は、中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の国内発の感染者を確認したと発表した。

バイエルン州の保健当局が27日遅くにウェブサイトに掲載した文書によると、ミュンヘンの南西30キロにあるシュタルンベルクに住む男性が陽性であることが確認された。容体は良好で、隔離された状態にあるという。年齢や国籍は公表していない。

患者と接触した人々には、新型肺炎で予想される症状や衛生面での対策、感染経路について詳細な情報を伝えているとした。

^