大紀元時報

豪首都キャンベラに非常事態宣言、週末にかけて森林火災拡大も

2020年01月31日 14時03分
1月31日、オーストラリア当局は31日、高温と強風で制御不能な森林火災が広がる恐れがあるとして、首都キャンベラおよび周辺地域に非常事態宣言を発令した。写真は火災で焼けた自動車。オーストラリアのニューサウスウェールズで21日撮影(2020年 ロイター/Loren Elliott)
1月31日、オーストラリア当局は31日、高温と強風で制御不能な森林火災が広がる恐れがあるとして、首都キャンベラおよび周辺地域に非常事態宣言を発令した。写真は火災で焼けた自動車。オーストラリアのニューサウスウェールズで21日撮影(2020年 ロイター/Loren Elliott)

[シドニー 31日 ロイター] - オーストラリア当局は31日、高温と強風で制御不能な森林火災が広がる恐れがあるとして、首都キャンベラおよび周辺地域に非常事態宣言を発令した。

オーストラリア首都特別地域(ACT)のアンドリュー・バー首相は、非常事態宣言を出す決定について、週末にかけて危険な状態になる恐れがあると記者団に説明した。

当局者らによると、キャンベラに近いACTの南部で制御不能な状態の森林火災が185平方キロメートルにわたって燃え広がっている。ACT全域の8%近くに相当する広さだという。

バー首相は「この火災は極めて予測不能な、制御不能なのもになる恐れがある」としたうえで、「極度の高温と強風、乾燥がキャンベラの南にある郊外をリスクにさらしている」と語った。

非常事態宣言の期間は72時間で、その間、当局は退避を命令したり、道路を封鎖したり、私有地を管理下に置いたりするなどの権限を与えられる。

ビクトリア州とニューサウスウェールズ州には週末にかけて熱波が襲来する見通しで、両州では合わせて80カ所前後で森林火災が続いている。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^