大紀元時報

武漢市トップ、新型肺炎で初動対応の遅れ認める

2020年02月02日 11時14分
31日、新型コロナウイルスが発生した中国湖北省武漢市トップの馬国強・市党委員会書記は、コロナウイルスの感染抑制に向け早めに対処すべきだったと述べ、初動対応の遅れを認めた。写真は新型コロナウイルス感染者を治療する医療関係者。武漢市で27日撮影。サードパーティー提供。
31日、新型コロナウイルスが発生した中国湖北省武漢市トップの馬国強・市党委員会書記は、コロナウイルスの感染抑制に向け早めに対処すべきだったと述べ、初動対応の遅れを認めた。写真は新型コロナウイルス感染者を治療する医療関係者。武漢市で27日撮影。サードパーティー提供。

[北京 31日 ロイター] - 新型コロナウイルスが発生した中国湖北省武漢市トップの馬国強・市党委員会書記は、コロナウイルスの感染抑制に向け早めに対処すべきだったと述べ、初動対応の遅れを認めた。

書記は、もっと早く対処していればコロナウイルスによる影響は「小さかった」と語った。

武漢市の周先旺市長は会見で、市内における感染の抑制や拡大防止に向けた取り組みは「深刻かつ複雑だ」と表明。徐洪蘭副市長はマスクなどの医療物資が依然不足していると訴えた。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^