大紀元時報

豪カンタスとNZ航空、中国本土への直行便運休

2020年02月02日 10時42分
2月1日、豪カンタス航空とニュージーランド航空は1日、中国本土への直行便を運休すると発表した。写真は2018年8月、アデレード空港で撮影。(2020年 ロイター/David Gray)
2月1日、豪カンタス航空とニュージーランド航空は1日、中国本土への直行便を運休すると発表した。写真は2018年8月、アデレード空港で撮影。(2020年 ロイター/David Gray)

[香港 1日 ロイター] - 豪カンタス航空<QAN.AX>とニュージーランド(NZ)航空<AIR.NZ>は1日、中国本土への直行便を運休すると発表した。中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大する中、米国などが自国への入国を巡る規制を強化したことを受けた。

カンタスは、シドニー─北京便とシドニー─上海便の運航を2月9日から3月29日まで停止する。NZ航空も同期間、オークランドと上海を結ぶ路線を運休するとしている。

カンタスは、香港便は運航を続けるとしている。また、中国便の運休開始時期としている2月9日について、需要の動向次第では前倒しする可能性もあるとした。

カンタスは中国便運休の理由として、シンガポールや米国による規制強化を挙げた。米政府は1月31日、新型肺炎を巡って緊急事態宣言を出し、湖北省に渡航した米国民を強制的に隔離するほか、過去14日間に中国に滞在した外国人の入国を拒否する措置を講じると発表。[nL4N2A0554] シンガポールも31日、中国人旅行者や中国を最近訪れた外国人旅行者の入国をすべて禁止すると発表した。[nL4N2A04UF]

カンタスは「こうした入国制限により、中国便を運航するための人繰りが厳しくなったため、運休が必要になった」と説明した。

 

 

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^