大紀元時報

中国共産党、新型ウイルス「ピークはまだ」 対策徹底を強調

2020年02月22日 11時32分
14日、中国共産党の最高意思決定機関である党中央政治局は、新型コロナウイルスの感染拡大がまだピークに達していないとの見方を示した。写真は北京で2019年5月撮影(2020年 ロイター/Jason Lee)
14日、中国共産党の最高意思決定機関である党中央政治局は、新型コロナウイルスの感染拡大がまだピークに達していないとの見方を示した。写真は北京で2019年5月撮影(2020年 ロイター/Jason Lee)

[北京 21日 ロイター] - 中国共産党の最高意思決定機関である党中央政治局は、新型コロナウイルスの感染拡大がまだピークに達していないとの見方を示した。中国国営テレビが21日に報じた。

中央政治局は習近平総書記主宰の会議で「全国的な疫病の転換期にはまだ至っていない」と締めくくった。また、「湖北省や武漢市での感染予防や管理の状況は依然として深刻で複雑だ」と指摘。共産党と政府は気を抜いてはならないが、「対策で成果を出し続ける」と強調した。

中国では新型ウイルスによる肺炎で2200人超が死亡しており、感染者は7万5000人を超えている。中国は新型ウイルス対策を疫病を抑え込む戦争と表現している。

政治局は徹底的な対策が必要だとした。首都北京での感染件数が急増する中、湖北省以外のその他の地域では感染の伸びが減っているか、新規感染者が出ていない。

また、感染拡大による中国経済への影響は鮮明だが、長期的な景気改善傾向は変わらないとの見方を示した。

中国政府はこれまでよりも予防的な財政政策を導入し、より柔軟な金融政策を講じるほか、金融市場のシステミック・リスクを回避すると主張した。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^