大紀元時報

EU、ウイルスで域内の渡航制限検討せず イタリアの死者4人に

2020年02月25日 10時37分
2月24日、欧州連合(EU)のレナルチッチ欧州委員(危機管理担当)はイタリアでの新型コロナウイルス感染者の急増を受け、シェンゲン協定で人の自由な往来が保障されている欧州域内で移動を制限する可能性はまだ検討していないと明らかにした。写真はミラノで撮影(2020年 ロイター/Flavio Lo Scalzo)
2月24日、欧州連合(EU)のレナルチッチ欧州委員(危機管理担当)はイタリアでの新型コロナウイルス感染者の急増を受け、シェンゲン協定で人の自由な往来が保障されている欧州域内で移動を制限する可能性はまだ検討していないと明らかにした。写真はミラノで撮影(2020年 ロイター/Flavio Lo Scalzo)

[ブリュッセル 24日 ロイター] - 欧州連合(EU)のレナルチッチ欧州委員(危機管理担当)は24日、イタリアでの新型コロナウイルス感染者の急増を受け、シェンゲン協定で人の自由な往来が保障されている欧州域内で移動を制限する可能性はまだ検討していないと明らかにした。

イタリアでは新型ウイルスの感染者が約150人となり、死者は4人に達した。

レナルチッチ氏は「シェンゲン協定の同時停止などのシナリオは現時点で検討してないが、さまざまな緊急対応策をまとめている」と述べた。

一方、ステラ・キリヤキデス欧州委員(保健衛生担当)は、域内で渡航が制限される場合は、相互的、協調的な措置である必要があると指摘した。また、科学的根拠に基づく必要があるとも述べた。

同氏は記者団に「現時点で、世界保健機関(WHO)は渡航あるいは貿易について制限を課すよう勧告してはいない」と述べ、WHOの調査チームが25日に現状を把握するためイタリア入りすると明らかにした。

^