大紀元時報

米中「第1段階」通商合意、農業面での履行進展を確認=米当局

2020年03月25日 10時45分
米農務省(USDA)および米通商代表部(USTR)は24日、2月14日に発効した第1段階の米中通商合意を巡り農業関連での履行進展が確認されたと発表した。北京で2018年4月撮影(2020年 ロイター/Jason Lee)
米農務省(USDA)および米通商代表部(USTR)は24日、2月14日に発効した第1段階の米中通商合意を巡り農業関連での履行進展が確認されたと発表した。北京で2018年4月撮影(2020年 ロイター/Jason Lee)

[ワシントン 24日 ロイター] - 米農務省(USDA)および米通商代表部(USTR)は24日、2月14日に発効した第1段階の米中通商合意を巡り農業関連での履行進展が確認されたと発表した。

共同声明で、米国産牛肉など中国向け農産物の輸出拡大措置が複数講じられているとし、米国から輸出されている食品および農産物は中国の関税引き下げの恩恵を受けているとした。

パーデュー農務長官は「これらの措置は第1段階合意の履行に向け中国が正しい方向に動いていることを示している」と指摘。「第1段階合意の完全な履行確保に向け中国と引き続き協力していく。二国間協議の継続とともに一段の改善と進展が見られることを期待している」と述べた。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^