大紀元時報

英のロックダウンは6カ月継続も、成果は出ている=当局者

2020年03月27日 14時02分
英国のジェニー・ハリーズ副主席医務官(写真)は3月26日、新型コロナウイルス感染拡大抑制策として実施され、社会活動の制限につながるロックダウン(封鎖)の一部が今後6カ月継続される可能性があるが、措置の成果は出ていると述べた。20日に代表撮影(2019年 ロイター/Julian Simmonds/Pool via REUTERS)
英国のジェニー・ハリーズ副主席医務官(写真)は3月26日、新型コロナウイルス感染拡大抑制策として実施され、社会活動の制限につながるロックダウン(封鎖)の一部が今後6カ月継続される可能性があるが、措置の成果は出ていると述べた。20日に代表撮影(2019年 ロイター/Julian Simmonds/Pool via REUTERS)

[ロンドン 26日 ロイター] - 英国のジェニー・ハリーズ副主席医務官は26日、新型コロナウイルス感染拡大抑制策として実施され、社会活動の制限につながるロックダウン(封鎖)の一部が今後6カ月継続される可能性があるが、措置の成果は出ていると述べた。

ハリーズ氏は、感染のピーク時期は明らかにせず、社会的距離を取る措置の効果はまだ表れ始めたばかりだが確実な成果の兆候が見られると説明。記者会見で、「ロックダウンは今後6カ月間続く可能性がある。それは信じがたい結果ではない。だが私は、感染カーブを見ると、解除をはじめることも可能かもしれないと思う、とも発言している」と語った。

そのうえで、「前向きな動向が見られはじめている。しかし気を緩めてはいけない」と述べた。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^