大紀元時報

米、WHOに代わる提携機関を選出 ポリオ除き=高官

2020年06月20日 19時05分
6月19日、米政府は、ポリオ撲滅を除く世界的な公衆衛生上のプロジェクトについて、世界保健機関(WHO)に代わる提携機関を選出したと発表した。写真は1月30日、ジュネーブで(2020年 ロイター/Denis Balibouse)
6月19日、米政府は、ポリオ撲滅を除く世界的な公衆衛生上のプロジェクトについて、世界保健機関(WHO)に代わる提携機関を選出したと発表した。写真は1月30日、ジュネーブで(2020年 ロイター/Denis Balibouse)

[ワシントン 19日 ロイター] - 米政府は、ポリオ撲滅を除く世界的な公衆衛生上のプロジェクトについて、世界保健機関(WHO)に代わる提携機関を選出したと発表した。

トランプ米大統領は先月、新型コロナウイルスへの対応を巡って、WHOとの関係を打ち切ると発表した。

国務省の高官は記者会見で、国務省と米国際開発庁(USAID)が代替機関を選出したと指摘。具体的な名称は明かさなかったが、米国には「宗教理念に基づいて社会奉仕活動を行う非政府組織(NGO)や請負業者、他の国際的な機関に所属する素晴らしい人材がいる」とし、重要な分野を除きWHOの業務を代替することが可能とした。

ただ、ポリオについてはまだ代替機関を見つけていないとした。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^