大紀元時報

米、OPECプラスに増産圧力 「ガソリン高は景気回復へのリスク」

2021年8月12日 10時31分
米バイデン政権は、ガソリン価格の上昇で世界的な景気回復がリスクにさらされるとの懸念から、石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなどの非加盟国で構成する「OPECプラス」に増産するよう圧力をかけている。昨年4月、撮影(2021年 ロイター/Dado Ruvic/File Photo)
米バイデン政権は、ガソリン価格の上昇で世界的な景気回復がリスクにさらされるとの懸念から、石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなどの非加盟国で構成する「OPECプラス」に増産するよう圧力をかけている。昨年4月、撮影(2021年 ロイター/Dado Ruvic/File Photo)

[11日 ロイター] - 米バイデン政権は、ガソリン価格の上昇で世界的な景気回復がリスクにさらされるとの懸念から、石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなどの非加盟国で構成する「OPECプラス」に増産するよう圧力をかけている。

サリバン大統領補佐官(国家安全保障担当)は声明で、産油量は十分でないとし、サウジアラビアを含む主要産油国を非難。「世界的な景気回復の重要な局面で、(産油量は)全くもって十分でない」とした。

その上で、バイデン政権はOPECプラスに対し「価格設定における競争的な市場の重要性」を巡り圧力をかけているとし、「ガソリン価格上昇が放置されれば、現在進行中の世界的な回復がリスクにさらされる」と警告した。

このほか、ホワイトハウスは連邦取引委員会(FTC)に対し、国内ガソリン価格上昇の背景に違法な慣習がなかったか調査するよう要請した。

^