大紀元時報

八戸沖の貨物船座礁で油流出、政府が情報連絡室を設置

2021年8月12日 13時08分
日本郵船は12日、パナマ船籍の貨物船が青森県の八戸沖で座礁した事故に関し、船体の分断と油の流出を確認したと発表した。写真は2009年8月都内で撮影(2021年  ロイター)
日本郵船は12日、パナマ船籍の貨物船が青森県の八戸沖で座礁した事故に関し、船体の分断と油の流出を確認したと発表した。写真は2009年8月都内で撮影(2021年 ロイター)

[東京 12日 ロイター] - 日本郵船は12日、パナマ船籍の貨物船が青森県の八戸沖で座礁した事故に関し、船体の分断と油の流出を確認したと発表した。政府は同日、首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置した。

日本郵船が運航する木材チップ専用船「クリムゾン・ポラリス」で、11日に八戸沖で座礁。12日午前4時15分に船体の分断、油の流出を確認した。流出した油の量は現在調査中という。

国内メディアによると、21人の乗組員は全員救助された。

^