大紀元時報

英、アフガン問題でタリバンと取り組み=ラーブ外相

2021年9月3日 09時07分
カタールを訪問中のラーブ英外相は2日、アフガニスタンを巡る問題でイスラム主義組織タリバンと共に取り組んでいく必要があるとの認識を示した。写真はラーブ外相(2021年 ロイター/Hamad l Mohammed)
カタールを訪問中のラーブ英外相は2日、アフガニスタンを巡る問題でイスラム主義組織タリバンと共に取り組んでいく必要があるとの認識を示した。写真はラーブ外相(2021年 ロイター/Hamad l Mohammed)

[ドーハ 2日 ロイター] - カタールを訪問中のラーブ英外相は2日、アフガニスタンを巡る問題でイスラム主義組織タリバンと共に取り組んでいく必要があるとの認識を示した。ただ英政府はタリバンを直ちに承認しないと述べた。

ラーブ氏は訪問先のドーハで、タリバンによる全権掌握を受けアフガニスタンから退避した人たちが身を寄せている施設を訪問。その後、カタールのムハンマド外相との共同記者会見で、アフガニスタンがテロリストの温床にならないようにするよう、カタール当局者と協議したと表明。「英国のアフガニスタンに対するコミットメントは継続している。新たな現実に対応する必要があるということだ」と述べた。

ムハンマド外相は、タリバンとの対話を継続していると表明。アフガニスタンの首都カブールの空港の再開についてトルコと調整していることも明らかにした。

この件についてトルコのチャブシオール外相はアンカラで記者団に対し、現状でも軍用機の発着は可能だが、民間機の発着には安全性の確保などが必要になると指摘。「トルコとカタールのみが対応する問題ではない」とし、国際的な対応を呼び掛けた。

タリバンによるアフガニスタン全権を掌握を受け、英国はカブールにあった在アフガニスタン大使館をカタールの首都ドーハに移転させた。

^