ブリンケン米国務長官は、米英が支援するオーストラリアの潜水艦開発計画で悪化した米仏関係の修復に向け、来週4─6日にパリを訪問する。30日撮影(2021年 ロイター/Rebecca Droke)

米国務長官、来週パリ訪問へ 潜水艦開発問題巡り

[ワシントン 1日 ロイター] - ブリンケン米国務長官は、米英が支援するオーストラリアの潜水艦開発計画で悪化した米仏関係の修復に向け、来週4─6日にパリを訪問する。米国務省のプライス報道官が述べた。

ブリンケン長官は経済協力開発機構(OECD)の閣僚会議で議長を務めるほか、フランスの政府関係者と会談する見通し。

ブリンケン長官はその後メキシコに向かい、8日の安全保障を巡る協議に参加する。